末備前

画像


末備前は勝光から始まり祐定、清光に続きます。

この時期、刀剣需要の興隆につれた大鍛冶の高効率化は材質の低下を来たします。

そのため、清光等には俗名をきるものでもややガサついた鍛錬のものまで見るようになりますが、それらとは別して板目肌、肌目明瞭に良く練れ、麗質感があり映りを立てて匂い口深く地刃ともに冴える傑作を稀に見ることがあります。

恐らく備蓄した伝来の鉄を使用したものかと思われますが、剣体を除けばひと時代上がって見えるものもあり垂涎の作品です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック